盆踊りビッグイベントでの思い出深い出来事を語らう

自身が夏に楽しみにしている機会の一門、盆踊りフェスティバル。昔は田舎の公民館で毎年低く開催される盆踊りフェスティバルがとにかく売りでした。盆踊り当日は、毎年決まって夕方になるとマミーが巻き寿司の装着を、祖母はお饅頭を蒸かしてくれて、いつもより2スパン速いごちそうを食べてから盆踊りへ家族で立ち寄るのが決まりでした。ごちそうの調整スパンから自身はワクワクし、マンションの中を走り抜け回っていたのを30年以上経った今もよく覚えています。田舎の盆踊りフェスティバルはスケールも少なく、屋台は児童会のお母さん達が汗を流しながら一生懸命作る焼きそばや、フランクフルト、かき氷などだ。ごちそうをしっかり食べても屋台の料理は別胴で、全種目制覇しするどく腹を壊していました。盆踊りがメインのはずですが、ダンスはほとんど踊らずに食べてばかりだった自身。数年前から、お子さんを連れて盆踊りへ行くようになったのですが、彼氏も昔の自身とそっくり同じでダンスには見向きもせずに、ひたすら屋台を回り食べてばかりある。やっぱり家族ですなと受け取る時ですが、一門違うのが彼氏はどんなに食べても腹を壊さないという時。ウェイトも急激に重なることもないので、昔から太りやすかった体質の自身とは違うなと羨ましく感じます。学生がお金借りる方法

盆踊りビッグイベントでの思い出深い出来事を語らう